下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤の日帰り手術

下肢静脈瘤の標準治療ーストリッピング手術

静脈瘤の代表的な治療には、硬化療法、高位結紮術、ストリッピング手術および血管内レーザー治療があります。ストリッピング手術が静脈瘤の最も標準的な治療です。ストリッピング手術は、静脈の中に細い針金(ワイヤ)を入れて、静脈と糸で結び、ワイヤごと静脈を抜き取る手術です。静脈を抜き去る時に強い痛みをともなうため、全身もしくは下半身の麻酔をしなくてはなりません。そのため、通常、3日から1週間の入院が必要です。

日帰り治療の現状ー再発の多い高位結紮術

静脈瘤の日帰り治療の代表的なものが、硬化療法と高位結紮術(こういけっさつじゅつ)です。硬化療法は注射の治療で、軽症の静脈瘤には効果的ですが手術の替わりになるものではありません。高位結紮術は、足のつけ根で静脈を糸でしばる手術です。多くの病院で日帰り手術と言っているのは、この高位結紮術の事です。局所麻酔でできるため日帰りで治療できますが、再発がとても多い事がわかっています。再発を防ぐために、同時に硬化療法を行ったり、しばる場所を増やしたりする場合もありますが、治療効果はストリッピング手術には及びません。

高位結紮術後の再発

高位結紮術後の再発zoom


日帰りストリッピング手術ーTLA麻酔

これに対し、私たちは2000年に特殊な局所麻酔によるストリッピング手術法を開発し、7000件以上の手術を安全に行っています。この局所麻酔はTLA麻酔といい、通常の10分の1の濃度の麻酔薬を使用して、足の表面だけを麻酔します。そのため、手術が終わってすぐにご自分で歩いて帰宅していただくことができます。さらに、“クラインポンプ”というTLA麻酔専用の器具を導入して、よりスムーズで痛みのない治療を行っています。TLA麻酔によるストリッピング手術は、保険診療で治療ができ、高齢の方でも安全に日帰り手術が可能な、非常に優れた方法です。私たちはTLA麻酔によるストリッピング手術の普及に努め、今では、全国の病院で広く行われるようになりました。

クラインポンプ

クラインポンプ

TLA麻酔によるストリッピング手術の特長
局所麻酔とは?
歯科で歯を抜く時に歯ぐきにする麻酔です。キシロカインという薬が最もよく使われます。歯を抜いた後に歯ぐきがしびれていても、あごを動かすことができるように、足の場合も、表面だけしびれて足は普通に動かすことができます。
TLA麻酔とは?
“tumescent local anesthesia”を略したものです。“tumescent”は膨潤した、ふくれたという意味で、“local anesthesia”は局所麻酔という意味です。薄い局所麻酔を注射して皮膚が盛り上がった様子から、この名前がつきました。もともとは脂肪吸引手術を日帰りで行うために開発されました。
TLA麻酔

TLA麻酔zoom

ストリッピングとは?
英語では“stripping”、はぎ取る、除去するという意味です。ストリッパーという専用の器具を使って、静脈を小さい傷から抜き取ることから、この名前がつきました。

ストリッパー

ストリッパー


スタブ・アバルジョン法ー最小の傷による手術

ストリッピング手術をすれば静脈瘤は治るのでしょうか?実は、患者さんが気にしている足のコブはこれだけでは完全になくすことはできません。ストリッピング手術は、外から見えない太ももの静脈を治療する方法です。しかし、足のコブは曲がりくねった血管なので、ストリッピング手術に使うまっすぐな器具を入れる事ができません。そのため、以前は、大きな傷を何箇所もつけて静脈瘤をはさみで取り除いていました。しかし、これでは足が傷だらけになってしまい、静脈瘤が治っても患者さんの満足度は低くなってしまいます。
スタブ・アバルジョン法(Stab avulsion)は、非常に小さい傷(1-3mm)で特殊な器具を使って静脈瘤を切除する方法です。傷が小さいため縫う必要がなく、ほとんど跡が残りません。ストリッピング手術とこの方法を組み合わせることによって、初めて静脈瘤をきれいに治療することができます。

最小の傷による手術(スタブ・アバルジョン法)

最小の傷による手術(スタブ・アバルジョン法)zoom


当クリニックでの日帰り手術

当クリニックでは、年齢や重症度に関係なくほぼすべての方が日帰りストリッピング手術を行うことができ、入院は必要ありません。手術時間は平均50分です。手術が終わったら、そのままご自分で歩いて帰宅していただき、その日から普通に日常生活を送ることができます。事務仕事であれば翌日から、肉体労働の場合は数日後から仕事に復帰できます。傷は溶ける糸で内側から縫いますので抜糸はなく、2日後からシャワーを浴びていただくことができます。

日帰り手術後の生活:いつからできる?

※手術の翌日が1日後です。
※あくまでも目安です。手術後の経過によって日数は前後します。


下肢静脈瘤の各種治療の比較
日帰り手術 治療効果 日常生活への復帰 保険適応
弾性ストッキング × 一部適応(注1)
硬化療法(日帰り治療) 適応
高位結紮術(日帰り治療) 適応
ストリッピング手術 × × 適応
TLA麻酔下ストリッピング手術 適応
レーザー治療 適応
当院で行っている治療 (注1)癌の手術後のリンパ浮腫、入院中の深部静脈血栓症予防は適応
pagetop