下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤の写真

zoom

画像クリックで拡大

軽症例1 軽症例2 軽症例3 軽症例4
軽症例
クモの巣状、網目状静脈瘤と呼ばれるものです。非常に細い静脈瘤ですので、通常症状はありません。硬化療法で治療します。
伏在型1 伏在型2 伏在型3 伏在型4
伏在型(ふくざいがた)静脈瘤
最も一般的な静脈瘤です。むくみやだるさなどの症状があります。治療は、硬化療法や手術が必要となります。
湿疹タイプ1 湿疹タイプ2 湿疹タイプ3 湿疹タイプ4
静脈瘤による皮膚炎:
湿疹タイプ
静脈瘤が悪化すると皮膚炎がおこります。これは湿疹タイプで、皮膚表面がザラザラになり、かゆみがあります。
脂肪硬化タイプ1 脂肪硬化タイプ2 脂肪硬化タイプ3 脂肪硬化タイプ4
静脈瘤による皮膚炎:
脂肪硬化タイプ
正式には脂肪皮膚硬化症といいます。皮下脂肪が炎症によって硬くなってしまったもので、放置しておくと皮膚に穴があく潰瘍になります。
うっ滞性潰瘍1 うっ滞性潰瘍2 うっ滞性潰瘍3 うっ滞性潰瘍4
うっ滞性潰瘍(かいよう)
最も重症な下肢静脈瘤です。潰瘍はおもにくるぶしの上にできます。痛みをともない、出血をしたりすることもあります。
pagetop