下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤Q&A

Q1.下肢静脈瘤とはどのような病気ですか?

あしの静脈がふくれてこぶの様になる病気です。静脈という足の血管の中にある逆流防止弁が壊れることによっておこります。昼間、立っていると足に血がたまるために午後になると足がむくんだり、だるくなります。悪化すると皮膚炎がおこり、湿疹や色素沈着をおこしたり、潰瘍になったりします。

質問一覧へ


Q2.下肢静脈瘤のおもな症状は?

足に血がたまることにより、ふくらはぎのだるさやむくみがおこります。重い、重だるいと表現される方もいます。また、夜間寝ているときに足がつる(こむら返り)こともあります。症状は午後から夕方に強くなり、普通は右と左で差があります。症状がない方も意外と多く、痛むことはあまりありません。重症になると湿疹や色素沈着などの皮膚炎を起こし、潰瘍ができたり出血することもあります。

質問一覧へ


Q3.放っておくとどうなりますか?

放っておいても手遅れになったり、死ぬようなことはありません。また、歩けなくなったり、足を切断しなければならなくなることもありません。ただし放置しておいても自然に治ることはなく、少しずつ悪くなります。足のこぶはだんだん大きくなり、皮膚に色がついたり固くなり、最後には皮膚に穴があく(潰瘍)場合もあります。ただし全ての人がそうなるわけではありません。また経過中に、静脈瘤の中で血が固まって急にはれたり痛くなったりする場合があります。

質問一覧へ


Q4.血のかたまりが心臓や脳に飛ぶことがあると聞きましたが?
エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群zoom

深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)のことです。ただし、心臓や脳に血のかたまりが飛ぶのではなく、足の深いところにある静脈に血のかたまり(血栓)ができ、足の運動によって静脈の中を移動して肺の血管に詰まってしまう病気です。そのため息が苦しくなったり、最悪の場合は死亡することもあります。しかし、下肢静脈瘤は深部静脈血栓症と直接的な関係はなく、静脈瘤だからといって特別に深部静脈血栓症になりやすいというわけではありません。したがって深部静脈血栓症になることを恐れて、症状がないのに下肢静脈瘤を治療する必要性はありません。


質問一覧へ


Q5.下肢静脈瘤にならないようにすることはできますか?予防は?

体質あるいは遺伝的な病気ですので、下肢静脈瘤にならないように予防することはできません。生活習慣を見直すことで悪くなるのを予防することはできます。長時間の立ち仕事や座り仕事を避けて、こまめに動いたり休憩をとることが必要です。また、高齢の方は長時間椅子に座って足を下げないように気をつけて下さい。高血圧を放置したり、極端な肥満も悪化の原因になりますので注意が必要です。

質問一覧へ


Q6.どのような検査法がありますか?

下肢静脈瘤の検査にはおもに次の2つがあります。

下肢静脈瘤のおもな検査

現在、下肢静脈瘤の標準的検査は超音波検査(エコー検査)です。

質問一覧へ


Q7.どのような治療法がありますか?

下肢静脈瘤の治療にはおもに次の4つがあります。

  • 1.保存的治療法
    生活習慣の改善、弾性ストッキングの使用
  • 2.硬化療法
    注射の治療、外来で治療できる
  • 3.手術療法
    高位結紮術、ストリッピング手術
  • 4.血管内治療
    レーザー治療、ラジオ波治療

硬化療法と手術療法およびレーザー治療(2011年1月より)は健康保険が適用されますが、弾性ストッキング、ラジオ波治療には保険が適用されません。

質問一覧へ


Q8.治療は保険がききますか?

硬化療法と手術(高位結紮術・ストリッピング手術)には保険がききます。弾性ストッキングは、入院時の深部静脈血栓症予防、癌の手術後のリンパ浮腫に対しては保険が適用されます。血管内レーザー治療は2011年1月より保険が適用されるようになりました。ただし、薬事認可されたレーザー(エルベス980nm)を持ち、レーザー治療の講習を受けた医師がいる病院でのみ保険診療で行うことができます。その他のレーザーを使ったレーザー治療やラジオ波治療は保険は適用されません。 ››保険適用に関して

質問一覧へ


Q9.治療費用はどのくらいかかりますか?

健康保険が3割負担の方で、日帰りレーザー治療・高周波治療が約4万5千円、硬化療法が1回約5千円になります。1割負担の方はこの3分の1になります。これ以外に、診察や手術前後の検査費用が1~1万5千円程度かかります。また、入院で行った場合や麻酔方法の違いによって治療費用は違います。 ››治療費用に関して

質問一覧へ


Q10.保存的治療とはどのような治療ですか?

生活習慣の改善、弾性ストッキングの使用などの、切ったり薬を使ったりしない治療のことです。日常生活はで長時間の連続した立ち仕事はできるだけさけて下さい。仕事中は1時間に5~10分間は足を心臓より高くして休憩するか、足踏みをしたり歩き回ったりして下さい。また昼間立っていなくても、椅子に座って足を下げていると思った以上に足がむくみます。足台やオットマンを使うようにして下さい。夜、寝るときにはクッションなどを使用して足を高くして休んで下さい。
立ち仕事や外出のときに弾性ストッキングをはく。弾性ストッキングは医療用のストッキングで、通常のストッキングよりきつく、足を圧迫することによって血液が足にたまるのを防ぎます。ストッキング・パンストタイプやハイソックスなどの種類があります。しかし、静脈瘤そのものが治るわけではありません。また保険が効きませんので患者さん自身に購入していただくことになります(5000~10000円)。最近では市販品の弾性ストッキングが薬局などで売られていますが、医療用と較べて圧迫圧が弱い傾向にあります。

保存的治療法

保存的治療法

質問一覧へ


Q11.切らないで治す治療があるそうですが?

硬化療法のことです。硬化療法は細い針を静脈瘤に直接刺して薬(硬化剤)を注入して、その後、弾性包帯で圧迫して静脈瘤をつぶしてしまう方法です。固まった血管は、次第に萎縮して消えていきます。硬化療法は外来で10分程度で行うことができます。小さい静脈瘤にはよい方法ですが、ある程度進んだ静脈瘤には効果が少なく再発してしまうという欠点があります。また合併症として皮膚の色素沈着や深部静脈血栓症などが知られており、専門医で治療を行う必要があります。
最近は、液体状の薬のかわりに硬化剤を空気と混合して泡状にして使用するフォーム硬化療法が行われます。うすい濃度の硬化剤で濃いものと同じ効果が得られ、色素沈着や痛みなどの合併症を減らすことができます。

フォーム硬化療法

フォーム硬化療法zoom


質問一覧へ


Q12.手術にはどのような方法がありますか?

代表的なものに高位結紮術とストリッピング手術があります。高位結紮術は静脈瘤の原因となっている足のつけ根の静脈をしばる手術です。局所麻酔で行うことができますが、再発が多いため、最近では硬化療法を同時に行ったり、膝の周辺で静脈をしばる手術を追加します。ストリッピング手術は足の静脈の中に細い針金(ワイヤ)を挿入して、ワイヤごと静脈を抜き去る手術方法です。静脈を抜き去る時に強い痛みをともなうため、通常は全身もしくは下半身の麻酔をしなくてはなりません。

質問一覧へ


Q13.手術で血管をとってしまっても大丈夫ですか?

大丈夫です。足の血管(静脈)は表面と深いところにあり、手術で取り除くのは表面の静脈だけです。残った深い静脈を通って血液は流れるので心配ありません。表面の静脈も網の目のようなネットワークになっているので、一部を取り除いても残りの静脈が機能を補うので血の流れには問題はおきません。

質問一覧へ


Q14.他の病院では手術には入院が必要と言われましたが?

ほとんどの病院では下肢静脈瘤の手術には3日から1週間の入院が必要です。これは手術が全身麻酔もしくは下半身の麻酔で行われるためです。また日帰り手術を行っているところは、局所麻酔による高位結紮術を行っているところが多いようです。しかし、最近の学会報告では高位結紮術はストリッピング手術にくらべ再発が多いことがわかってきています。そのため、最近では日帰り手術でも麻酔方法を工夫してストリッピング手術を行うところが増えてきています。

質問一覧へ


Q15.ストリッピング手術には入院が必要ですか?

入院は必要ありません。ほとんどすべての方は外来で日帰り手術を行うことができます。手術時間は平均40分くらいです。院内にいる時間は2時間程度です。そのまま自分で歩いて帰宅していただき、その日から普通に日常生活を送ることができます。激しい肉体労働でなければ数日後から仕事に復帰できます。テニスや卓球など競技を行うスポーツは手術後約1ヶ月経過してからになります。

質問一覧へ


Q16.なぜ入院が必要ないのですか?

わたしたちはTLA麻酔という低い濃度の麻酔薬を使う方法で、ストリッピング手術行っています。この方法でいままでに5000人以上の患者さんに手術を行っています。局所麻酔なので意識はしっかり保たれており、手術直後にそのまま歩いて家にかえっていただくことができます。またこの麻酔は長時間効果が続くので手術後に歩いても痛くありません。もちろん入院を希望される方は入院して手術を受けることもできます。

質問一覧へ


Q17.手術は痛くないのでしょうか?

手術中は麻酔が効いているので痛みは感じません。しかし、局所麻酔なので麻酔をする時に痛みを感じます。歯医者さんで歯ぐきに麻酔をする時に痛みを感じるように、足に麻酔をする時に痛みを感じます。その痛みをやわらげ、緊張を取るために、局所麻酔の前に注射の麻酔を使用します。
手術後は局所麻酔が半日程度効いているのであまり痛みは感じません。その後は、飲み薬の痛み止めを使用していますので極端に痛むことはありません。傷口や静脈を取り除いた部分が押すと痛んだり、動いた時に痛むのは徐々に少なくなりますが数ヶ月間続きます。

質問一覧へ


Q18.手術してもすぐに再発すると聞いたのですが?

正しい治療をすればすぐに再発することはありません。超音波検査行って、異常な静脈をすべて取り除けば、短期間に再発することはありません。下肢静脈瘤は体質的な病気ですので、治療を行ってから10-15年たつと10-20%程度再発することがあります。特に、40歳未満で治療が必要になった方や、極端な立ち仕事の方は再発の危険性が高くなります。しかし、再発するまでには長い時間がかかりますし、その間は下肢静脈瘤によって悩まなくていいので、再発があるからといって治療をしないのは間違っています。また、再発をしても早いうちならば再び手術をしなくても硬化療法という注射の治療で治すことができます。

質問一覧へ


Q19.高齢なのですが治療はできるでしょうか?

寝たきりでなく、ご自分で歩いて病院にくることができる方でしたら、何歳でも治療することができます。当院での日帰りストリッピング手術の最高齢は87歳です。また、硬化療法であればもっと高齢の方でも安全に治療をすることができます。

質問一覧へ


Q20.下肢静脈瘤になってしまったのですが、妊娠中なのですが?

残念ながら妊娠中は積極的な治療はできません。弾性ストッキングを着用していただくことになります。出産が終わると、下肢静脈瘤は徐々によくなりますが、完全には治りません。出産後、半年~1年後に診察を受けて、超音波検査を行って治療方針を決めることをお勧めします。

質問一覧へ


Q21.足がよくつるのですが?

足のつり、特に明け方に布団の中で足がつるのは下肢静脈瘤に特徴的な症状です。足のつりは下肢静脈瘤が初期から中程度になる頃におこることが多く、ずっと続くことはあまり多くありません。しかし、ご本人にとってはつらい症状ですので、つりがひどい場合は静脈瘤を治療します。ただし、足のつりは静脈瘤以外の原因でもおこるので、最終的には下肢静脈瘤を治療して足のつりがなくなった時に、静脈瘤のせいであったと言うことができます。

質問一覧へ


Q22.手や腕の血管が目立つのですが?

手や腕の血管が全体的に太く目立つのは病気ではありません。手の静脈は静脈瘤にはなりません。生まれつきか、あるいは年をとって皮膚のはりがなくなったために血管が目立つようになったためです。モデルなどで職業的にお困りの場合は硬化療法やレーザー治療を行う場合もあります。しかし、大きな病気をした時に手の血管がないと点滴や注射をする時に困りますので、基本的にはそのままにしておく事をお勧めいたします。

質問一覧へ


Q23.よその病院でレーザー治療が必要と言われたのですが?

手術が必要であってもレーザー治療が必要であることはありません。下肢静脈瘤を治療するのであれば、ストリッピング手術でもレーザー治療でもどちらでも日帰りで可能です。両者の説明をして、どちらかを選ぶのであればいいのですが、レーザー治療しかできません、あるいはレーザー治療でなければ治りませんというのはおかしな話です。ストリッピング手術だとすごく痛いとか、神経障害が必ずおこると脅す病院がありますので注意が必要です。また、普通の下肢静脈瘤の方に動静脈瘻(どうじょうみゃくろう)という非常に珍しい病気だといって、レーザー治療を勧める病院もありますので気をつけて下さい。

質問一覧へ


Q24.わたしはどうしたらいいでしょうか?

下肢静脈瘤は基本的には命にかかわらない良性の病気なので、治療をうけるかどうか、どの治療をいつ受けるかは患者さん次第です。長年病気に悩んでから外来に来られる方が多いので、この際思いきってきれいに治したいということでもいいですし、病気のことがよくわかって安心したからとりあえず様子を見たいということでもよいと思います。
ただし、足に潰瘍ができているか、過去にできたことがある方、皮膚に色が付いたり固くなっている方は、できれば治療を受けた方がよいと思います。またお仕事が立ち仕事で、これからも長い間その仕事を続ける予定の方も治療を受けることをお勧めします。

質問一覧へ

pagetop