アーカイブ

カテゴリー

下肢静脈瘤に変化があったら治療の再検討を

2020年2月4日

過去に下肢静脈瘤で受診し、そのときは特に困っている症状がなく、「治療しない」と決めた方でも、年をとるにつれ、見た目や症状に変化が出てきた場合は再度、受診をして治療の検討をすることをお勧めします。静脈瘤は、加齢と共に大きくなっていく傾向がありますので、スカートが履けなくなったり、温泉やプールで足を見せるのが恥ずかしいなど、日常生活に支障が出ている方や、足のだるさやむくみなどの不快な症状でつらくなったり、皮膚に痒みが出る、茶色く変色するなど、状態が悪化している場合もありますので、心配になったときは再び専門医を受診しましょう。


pagetop