アーカイブ

カテゴリー

下肢静脈瘤の超音波検査とは?

2019年3月16日

下肢静脈瘤の適切な治療には超音波検査(エコー検査)が欠かせません。下肢静脈瘤の状態は一人ひとり違いますから、患者さんにとってベストな治療方法を決めるためには、エコー検査で下肢静脈瘤の状態を詳しく調べる必要があります。エコー検査では、足に検査用ゼリーを塗り、立ったまま体の表面から探触子を当てて、血管の状態や血液の流れを確認します。全く痛みがなく、体に負担もありませんので安心して検査を受けてください。医師はモニターを見ながら静脈弁に異常があり血液が逆流しているところを見つけます。そして、血液が逆流している血管がどこを通っているのか、血管が太くなっている部分があるかどうかを確認します。


pagetop