アーカイブ

カテゴリー

硬化療法とは?

2019年8月13日

軽症の静脈瘤の場合、血管に薬剤を注入する硬化療法が行われます。静脈に針を刺し硬化剤を注入するだけで、実際の治療時間は10分間ほどです。治療当日はガーゼを丸めたものと、包帯または弾性ストッキングで圧迫し、2日後にガーゼをはずし、弾性ストッキングを24時間着用します。5日後から弾性ストッキングは日中のみとなり、3~4週間着用します。他の治療方法と同様、初診後に治療日を決めて実施しますが、治療を必要とする血管が広範囲に及ぶ場合、数回に分けて硬化療法を行うこともあります。


pagetop