アーカイブ

カテゴリー

血管内治療の対象になる伏在型静脈瘤

2019年3月16日

下肢静脈瘤とは、足の表面近くの血管である表在静脈の静脈弁の異常によって起こる病気です。表在静脈には、太い伏在静脈と、枝分かれした小さな静脈があります。どの静脈に異常が発生したかによって静脈瘤のタイプが違ってきます。レーザー治療など血管内治療の対象になるのは、太ももやふくらはぎの血管がコブのようにボコボコと膨らんでいるタイプの伏在型(ふくざいがた)静脈瘤で、静脈の太さは4ミリ以上になります。不快な症状がでやすい伏在型静脈瘤の治療は血管内治療が適用されますが、それ以外の静脈瘤は軽症タイプであり血管内治療の対象にはなりません。軽症タイプは別の治療方法がありますが、放置してもそれが悪化して伏在型静脈瘤になることはありません。


pagetop