アーカイブ

カテゴリー

血管内治療後の一般的な経過

2019年6月28日

下肢静脈瘤の血管内治療は体への負担が軽く、日常生活にはほとんど支障がでません。手術後の傷跡やしこりはしばらく残りますが、少しずつ目立たなくなり、やがてきれいに消えていきます。治療後、しばらくは太ももがつっぱるなどの違和感がありますが、一ヵ月ほどでなくなり、むくみや湿疹などの皮膚炎がある場合も、三ヵ月ほどで改善します。ふくらはぎのしこりは静脈瘤が固まったものなので、半年ほどで自然になくなります。治療後に残っている静脈瘤は徐々に目立たなくなりますが、治療後三ヵ月を経過しても消えない場合は、さらに硬化療法を行うケースもあります。手術後、気になることがあれば、経過観察で受診する際に相談しましょう。


pagetop