下肢静脈瘤の患者数は推定1,000万人以上。皆さんの周りにも下肢静脈瘤に悩んでいる方がいるかもしれません。この「まとめ」では、少しでもお悩みを解消できるよう、できるかぎりわかりやすく下肢静脈瘤についてまとめてみますので参考になさってください。

アーカイブ

カテゴリー

深部静脈血栓症とは

血管内治療や硬化療法など、下肢静脈瘤の治療は基本的にどの方法も安全ですが、まれに合併症を起こすリスクがあり、100パーセント安全な治療というわけではありません。合併症のな…  続きを読む≫

下肢静脈瘤の再発パターン

静脈瘤の再発には3つのパターンが考えられます。一つ目は過去に高位結紮術の治療を受けて再発したケースです。1990年代まで盛んに行われていた高位結紮術は当時、最新の治療法で…  続きを読む≫

手術後の再発

下肢静脈瘤の治療を受けても、また静脈瘤ができてしまう場合があります。この状態を再発と言います。どの様な治療をしても、10-20年たつと一定の割合で再発はおこります。しかし…  続きを読む≫

硬化療法後の経過

下肢静脈瘤の硬化療法は、レーザー治療と違い翌日の診察は不要です。硬化療法を実施した直後は皮下出血を起こし、薬剤を注入したところが赤黒くなります。1~2週間経過すると、静脈…  続きを読む≫

硬化療法とは?

軽症の静脈瘤の場合、血管に薬剤を注入する硬化療法が行われます。静脈に針を刺し硬化剤を注入するだけで、実際の治療時間は10分間ほどです。治療当日はガーゼを丸めたものと、包帯…  続きを読む≫

pagetop