下肢静脈瘤の患者数は推定1,000万人以上。皆さんの周りにも下肢静脈瘤に悩んでいる方がいるかもしれません。この「まとめ」では、少しでもお悩みを解消できるよう、できるかぎりわかりやすく下肢静脈瘤についてまとめてみますので参考になさってください。

アーカイブ

カテゴリー

手術後の再発

下肢静脈瘤の治療を受けても、また静脈瘤ができてしまう場合があります。この状態を再発と言います。どの様な治療をしても、10-20年たつと一定の割合で再発はおこります。しかし…  続きを読む≫

硬化療法後の経過

下肢静脈瘤の硬化療法は、レーザー治療と違い翌日の診察は不要です。硬化療法を実施した直後は皮下出血を起こし、薬剤を注入したところが赤黒くなります。1~2週間経過すると、静脈…  続きを読む≫

硬化療法とは?

軽症の静脈瘤の場合、血管に薬剤を注入する硬化療法が行われます。静脈に針を刺し硬化剤を注入するだけで、実際の治療時間は10分間ほどです。治療当日はガーゼを丸めたものと、包帯…  続きを読む≫

体への負担が軽い硬化療法

下肢静脈瘤の硬化療法は、空気を混ぜた泡(フォーム)状の薬剤を使用するため、フォーム硬化療法とも呼ばれています。病気になった静脈をつぶし、血液を流れなくすることで、静脈は段…  続きを読む≫

下肢静脈瘤の硬化療法

網目状やクモの巣状などの軽症静脈瘤は、軽症と言っても、症状がつらかったり見た目が気になったりと、患者さん本人にとっては大きな問題となることがあります。これらの軽症静脈瘤は…  続きを読む≫

pagetop