下肢静脈瘤の患者数は推定1,000万人以上。皆さんの周りにも下肢静脈瘤に悩んでいる方がいるかもしれません。この「まとめ」では、少しでもお悩みを解消できるよう、できるかぎりわかりやすく下肢静脈瘤についてまとめてみますので参考になさってください。

アーカイブ

カテゴリー

体への負担が軽い硬化療法

下肢静脈瘤の硬化療法は、空気を混ぜた泡(フォーム)状の薬剤を使用するため、フォーム硬化療法とも呼ばれています。病気になった静脈をつぶし、血液を流れなくすることで、静脈は段…  続きを読む≫

下肢静脈瘤の硬化療法

網目状やクモの巣状などの軽症静脈瘤は、軽症と言っても、症状がつらかったり見た目が気になったりと、患者さん本人にとっては大きな問題となることがあります。これらの軽症静脈瘤は…  続きを読む≫

血管内治療後しばらくしてからの生活

下肢静脈瘤のレーザー治療から2週間後には、ジムやテニス、スイミングなどの運動が可能となります。太ももを押すとまだ若干の痛みを感じたり、ふくらはぎには残った静脈瘤が固まって…  続きを読む≫

血管内治療後すぐの生活


下肢静脈瘤の血管内治療(レーザー・ラジオ波治療)を受けた後は、どのような生活になるのでしょうか?一般的なケースをご紹介いたします。血管内治療を受けた当日は、電車やバスでそ…  続きを読む≫

血管内治療後の一般的な経過

下肢静脈瘤の血管内治療は体への負担が軽く、日常生活にはほとんど支障がでません。手術後の傷跡やしこりはしばらく残りますが、少しずつ目立たなくなり、やがてきれいに消えていきま…  続きを読む≫

pagetop