診療の案内

遠方の方へ

遠方にも関わらず、当院の受診を検討していただきありがとうございます。 当院へは日本全国より大勢の患者さんがお見えになります。私たちはそれだけの信頼をいただけているということに誇りを持っています。遠方よりご来院された患者さんには、必ず“来て良かった”と言っていただけるように日々診療を行っています。

紹介状は必要か?

遠方から受診される方は、すでに地元の病院で診察を受けられた方も多いと思います。しかし、当院を受診される場合、必ずしも紹介状は必要ありません。紹介状はあるに越したことはないですが、なかなか他の病院に行くとは言いにくいでしょうし、手術を予定していたような場合はなおさらだと思います。 しかし、今まで一度も下肢静脈瘤の診察を受けられたことがない場合は、遠方からわざわざ来られても、診察の結果、下肢静脈瘤でない場合もあります。そのため、できればまず一度地元の医療機関を受診されることをお勧めいたします。

初診日に手術できるのか?

遠方の方は、できれば初診の当日に手術をうけて帰りたいと思っておられる方が多いと思います。しかし、まず最初に、静脈瘤で手術が必要なのかどうか、どの様な手術が良いのかを診断させていただく必要があります。また、患者さんと私たちがお互いに信頼関係を築く必要があります。そのため、当院では基本的に初診の当日に手術は行いません。診断の結果手術が必要であれば、その次の来院時に手術を行います。手術前の検査が必要ですが、これは地元の医療機関でうけていただくことが可能です。手術の際は、手術当日と翌日に診察がありますので、1泊2日となります。当院には入院設備はありませんので、お知り合いの家に泊まっていただくか、近隣のホテルを紹介しています。

どうしても1回しか来院できない方

以上のように、遠方の方の場合は初診と手術で2回の来院をお勧めしています。しかし、ご家庭の事情でどうしても1回しか来院できず、手術を希望される方は、あらかじめ地元の医療機関で診察と検査を受けて、下肢静脈瘤で手術が必要であるとの診断をうけていただきます。その上で、紹介状をもらって当院を受診していただくことになります。この場合、手術当日に予定していた手術法法が変更になったり、手術が中止になる可能性があることをあらかじめご了承していただく必要があります。また、地元に専門の医療機関がない場合、この方法は難しくなります。まずは電話でご相談下さい。

遠方の方の治療の流れ

STEP1 初診日
診察と超音波検査、手術方法の説明、手術日の予約
 
STEP2 手術1ヶ月前
地元で手術前の検査(血液検査と心電図検査)
検査結果は当院へ郵送していただきます。
 
STEP3 手術日
日帰り手術を行います。
術後は近隣のホテルに宿泊していただきます。
 
STEP4 手術翌日
傷の消毒を行います。問題がなければ帰宅。
 
STEP5 手術後1週間
当院より術後の経過をお伺いする電話をします。
 
来院の必要がございません。

pagetop